Game Programmer Blog

ゲーム製作に伴うプログラミング技術や開発手法や環境などを公開していきます

アプリのクラッシュについて BugSense導入編(iOS)

色んなサイトで3つ(BugSense,Crittercism,Crashlytics)を比べましたが

正直どれがいいのやら決定的ではなかったので全部試して見る方向で動きます!!

さっそくBugSenseから試していきます。

BugSense導入

 1. アカウント登録

  https://mint.splunk.com/からSIGNUP FOR FREEボタンからユーザ情報を登録

 

 2.BugSenseにプロジェクト登録する

  サインインしてサイトからAdd Projectのボタンから次のような画面に進み

  情報を入力してSUBMITボタンを押す

f:id:TrueSnowman:20140921211050p:plain

 プロジェクト用のKEYが発行されます。

f:id:TrueSnowman:20140921211058p:plain

3.BugSenseをインストール

 CocoaPodsを使ってインストールしました

 

4.プロジェクトへ設定を追加

 Linked Framweworks and Librariesに2でインストールしたBugSense-iOS.frameworkを追加

 

5.プロジェクトへコードを追加

 2で発行されたKEYをプロジェクト内の関数に埋め込む

 #import <BugSense-iOS/BugSenseController.h>

 - (BOOL) application:(UIApplication *)application didFinishLaunchingWithOptions:(NSDictionary *)launchOptions {
   [BugSenseController sharedControllerWithBugSenseAPIKey:@"BugSense_API_KEY"];
   return YES;
 }

6.クラッシュレポートを送りサイトでの表示を確認

 ■テストコード

  NSArray *array = [NSArray array];
  id data = array[0];

 レポート結果の一部を下記に抜粋しましたが反映までは3分ぐらいでサイトには反映されました。

f:id:TrueSnowman:20140921211100p:plain

感想

アカウント登録から実装まで2時間もあれば試すことが可能でした。

dSYMをアップできるページがあったので詳細な情報を追えるように出来るのかもしれません。

参考にさせて頂いたサイト

スマートフォンアプリのクラッシュログ解析サービス (crittercism と bugsense) を使ってみた - むらかみの雑記帳

iPhone - Crash Report解析サービスのBugSenseを試してみた - Qiita

クラッシュ分析ツールBugSenseでアプリのバグの原因を突き止める。 | 三度の飯とエレクトロン

iOSアプリ開発でもCI/継続的デリバリしようぜ(5):アプリのクラッシュリポートを統計解析できるBugSenseの使い方 (3/3) - @IT